応用行動分析学

他害への対応② 応用行動分析学

我が家の次男ミッキーは、言葉の遅れと多動があり、3歳から療育に通い、5歳で自閉症スペクトラムとADHDの診断がつきました。

今、小学校1年生で特別支援学級へ通っています。

ミッキーは、ものごころつく前からいたずらがひどく、とくに1~4歳頃までは本当に多動・衝動性が目立ちました。連日、何かを壊しているという人でした (T_T)

ですが、叱っても意味が通じず、叱るとよけいにやられるという悪循環でした。叱らずにすむように、いたずらができないように環境を整備して、事前に止めて、どうにか毎日をやりくりして暮らしていました。

→(「他害への対応① 叱らない」)

3歳から療育に通い、言葉が増え始め、ようやく3歳半頃に二語文が出て、この頃から会話が通じている実感がわき始めました。

それまでは、断片的にしか聞き取れていない(衝動性が強く聞き終わるまでじっとしていられない)、決まったパターンでしか認識していない感じがありましたが(場面や場所が変わると通じない)、新しい言葉を覚えよう、言われていることを理解したいという気持ちが、ぐっと出てきました。善悪の区別もややついてきたので、いけないことはいけないと言って聞かせられようになりました。

でもまあ、わかっちゃいるけどやめられないってやつで、そんなすぐに手が出ることが減ったわけではありません。どうやって社会のルールを教えていけばいいのか・・・

その頃に始めた対応が、「応用行動分析学」です。





「応用行動分析学」とは「ABA」とも呼ばれる行動療法のことです。とくに言語面で苦手さを抱えがちな自閉症スペクトラムの子への効果が高いとされる、療育の手法です。

過去記事にもまとめていますが、

→(「応用行動分析学ってなに?」)
→(「続 応用行動分析学」)

言葉をうまく理解してくれない、叱ってもまったく効果がない、叱るとよけいに問題行動が増える、叱りすぎるとチックや夜泣きなど別の問題行動が出てしまうような場合は、ぜひ応用行動分析学を試してみてください。

「応用行動分析学」とは、簡単にまとめると

①適切な行動を強化し
②問題行動を消去する


関わり方のことです。

例えば、次男ミッキーが3歳、三男ユウキが1歳の頃は、おもちゃでも何でも取り上げては押し倒す、ブロックをくずされては怒って叩く、などの弟いじめがひどく(ユウキもまだわからずいろいろやっちゃう月齢だし)、兄弟ともにケガが絶えませんでした。

img031
img032

その頃にやっていたのが、「反省コーナー」です。
暴力をふるったら、すかさず「反省コーナー」のイスに座らせて、タイマーが鳴るまで遊べないルールでした。手を出したら、遊べない。手を出さなければ、仲良くできたら、遊べる。

これは非常に効果的で、とくに叱ってもなかなか意味が通じなかったミッキーに、「この場所に座らなければいけない」=「いけないことをした」とわかりやすかったようです。

ゼロにはなりませんが、兄弟ゲンカでの暴力は格段に減りました。
(当初は5分に1回だったのが、半年ほどで週に1回くらいに減った)

今でも「おもちゃの取り合い」はしょっちゅうです。「反省コーナー」のイスは小さくなってしまい、もう使っていませんが、今はおもちゃを無理やり取ったり投げたりすると(問題行動)、そのおもちゃは使えなくなります(没収)。手を出したら(問題行動)、自分の部屋に強制的に連行します(クールダウン)。

つまり、望ましくない行動(取る、叩くなど)をしてしまうと、遊べなくなります。これは次男ミッキーだけでなく、兄弟3人とも共通のルールです。

問題行動⇒消去

順番を守り(適切な行動)、手を出さなければ(適切な行動)、いつまでも楽しく遊ぶことができます。1日中一度も手を出さずにいれたら、デザートにアイスがもらえます(ご褒美)。

適切な行動⇒強化

暴力をふるっても何の罰則もなければ、取ることをやめません。だって、そのほうが簡単だし早いもん。ですが、その罰則がただ「ごめんね」と謝るだけでは、効果がありません。取ったら、叩いたら、遊べない。これを徹底させる必要があります。

さらに適切な行動ができた時は、きちんと褒め、ご褒美をあげることを忘れてはいけません。がんばっても認めてもらえなかったら、やはり問題行動は直りません。

「応用行動分析学」では、消去と強化を同時に適切な手法で行うことで、問題行動を減らし、適切な行動を増やしていきます。

言って聞かせるよりも、自分の行動の結果を、体感させてあげること。とくに言葉がまだ未熟だったり、気持ちの切り替えが苦手だったり、周囲に合わせるのが苦手な子には、できるだけわかりやすい形で示さなければ、残りません。

「暴れたら、みんなもあなたも嫌な思いをする」
「仲良くできたら、あなたもみんなも楽しく過ごせる」

⇒「みんなが楽しく過ごすには、どう振る舞わなければいけないのか」

普段から、これを意識させるような声掛けを心がけています。

問題行動には毅然とした対応を徹底して、適切な行動は大げさに褒めて、どのように振る舞えばいいのかを具体的に教えていかなければ、なかなか身につきません。

ただ、子供がルールを理解していない段階でこれをやると、がんじがらめでしんどくなります。ある程度の理解力がついて、わかっちゃいるけどやめられないという状況でお試しください。

また、ルールが多すぎるとそれもしんどいので、「たたかない」や「こわさない」など、1つか2つにしぼって、約束させましょう。そして、なぜそうしなければいけないのか。明確にわかりやすい説明をして、子供が納得してから運用してあげてください。

応用行動分析学 続編

IMG_0728

前回の記事で、応用行動分析学(ABA)についてご紹介しました。
(「応用行動分析学ってなに?」)

発達障害のある子供の、問題行動を減らすための療育として、効果が高いとされている応用行動分析学。もうちょっと詳しく、具体的な内容を説明してみたいと思います。
詳しく知りたい人は、こちらの記事もわかりやすくおすすめです。
https://h-navi.jp/column/article/632

自閉症スペクトラムなど、発達障害のある子供に限らず、小さな子供は誰しもわがままを言ったり、欲しいものがあるとひっくり返って泣いたりしてしまいますが、年齢が上がるとともに徐々に分別がつき、親が困る行動は減っていきます。BUT・・・発達障害のある子供は、分別や我慢する力がなかなか育たないんですね。大きい身体でひっくり返って泣かれると(しかも泣き止めない)、周りからの目線も辛いものがあります。

応用行動分析学とは、この問題行動の原因を分析し、適切に関わることで(前回の記事で紹介した強化消去です)、望ましい行動を増やし、望ましくない行動を減らしていく理論のことです。

子供の問題行動の原因には、主に4つあります。

①欲しいものがある

問題行動の代表的な原因、「要求」です。おもちゃ、お菓子、それ以外にもいろいろな欲しいものを手に入れるための手段として、暴力や癇癪を起こしてしまう子供が多いです。大人が根負けして買ってあげるまで、泣きわめきます。この場合は、どれだけ暴れても、どれだけ泣いても、欲しいものは手に入らないとわからせる必要があります。その上で、「貸して」や「ちょうだい」と言えたらもらえる、泣かずに我慢できたらもらえるなど、正しい行動を教え、徹底させます。

②嫌なことから逃げる

発達障害のある子供は、触られるのを異常に嫌がったり、人ごみのざわざわする音を嫌がったりと、感覚が過敏なことがよくあります。普通の子は気にもしない接触が我慢できず、友達を叩いたり噛むことで、嫌なことから逃げようとしてしまいます。この「回避」が原因の場合は、極力嫌な刺激を排除することから始めましょう。(環境整備と言います)「噛んではいけない!」と叱るだけでは、なかなか止みません。嫌な刺激も我慢するよう強制し続けると、チックや自傷行動など他の問題行動を誘発してしまいます。

嫌がることはしない、嫌な場所には連れていかない、この子はこういう刺激に弱いと、周囲にも伝えてみましょう。「嫌な時は、ここに逃げたらいいんだよ」と、逃げ場所を教えてあげることも有効です。同時に感覚統合などの訓練で、感覚過敏を和らげていくのもおすすめです。

③注目を集めたい

この「注目要求」も、原因として非常に多いです。我が家でも次男ミッキーは、かまってほしいがために、ありとあらゆる大人の嫌がることをします。叱られることが、おもしろいんですね。この場合は叱っても逆効果なので、一番いいのは無視することです。でも、なかなかそうも言っていられません。子供も賢いので、どうすれば親が怒るかよく知った上でやるので、ついキレてしまいます。

今うちでやっているのが、かまってもらうための別の手段を教える(肩をトントンしてくれたらママうれしいわ~とか「あそぼ」って言おうねとか)ことと、できるだけかまってあげることです。一対一でたっぷりかまってもらえて満たされていると、悪さはしないんですよ。暴れたり叫んだら遊んでもらえない→相手も喜ぶことをしたら遊んでもらえると、どうか理解してほしい。

④そうすることが気持ちいい

自閉症スペクトラムの子に多い常同行動が代表ですが、手をひらひらさせたり頭を壁にぶつけることで、足りない刺激を得ようとする、感覚の過敏さや鈍麻さが原因の「自動強化」の場合は、やめさせるのがけっこう難しいです。小さな男の子がおちんちんをいじるのも、同じです。

気持ちいい、楽しいことは、なかなかやめられません。根気強く対応することが求められます。どんな刺激が欲しくてやっているのかを見極め、代替物を用意する(ぴょんぴょんするならトランポリンを跳ばせる)(鉛筆を噛む代わりにねり消しをにぎにぎさせる)ことが、おすすめです。無理にやめさせても、違う形で悪癖が続くだけのことが多いので、気をつけましょう。我が家でも、噛み癖が直らない長男ゲンキのために、ガムやにぎにぎグッズを用意しています。


ストレスや強い感情が原因のチックや自傷行動、パニックに関しては、禁止するのではなく、できるだけ起こさせないことが大切になってきます。問題行動というよりは、限界を超えてしまった子供が自分を守るためにやっている行動なので、そこまでいかないように、守ってあげてほしいと思います。見ているだけで、親もつらいですしね。子供にも、相当な負担がかかっているはずです。

また自閉症スペクトラムの子供たちは、自由時間に何をしていいのかがわからず、不安になったり問題行動を起こしてしまうことも多いです。暇な時間を持て余さないよう、やることを具体的に指示する、いくつかの選択肢からやりたいことを選ばせる(散歩 or テレビ or 絵本など)、待ち時間を具体的に教える(タイマーや時計)などの対応で、「静かにしていると思っていたら、とんでもないいたずらをしていた」悲劇を防ぐことができます。(←これ、我が家でも頻発)

とにかく、毎日めちゃくちゃなことばかりされてもう限界!と困っている方へ、少しでも参考になればと思います。

応用行動分析学ってなに?


自閉症スペクトラムの子供に、有効な療育方法として「応用行動分析学(ABA)」と呼ばれている手法があります。

応用行動分析学とは、米国の心理学者スキナーが提唱した「行動分析学」という理論を基とした、人間の行動を研究し、問題を解決する理論と実践を主とした学問で、療育だけでなく教育や医療、福祉やリハビリなど、幅広い分野で活用されています。

けっこういろいろややこしい理論があるんですが、簡単に説明すると、子供の望ましい行動を増やし、困る行動を減らしていくための手法です。

・望ましい行動→褒める、ごほうびをあげることで強化する
・望ましくない行動→欲しいものを与えられないことで消去する

の2本の柱が応用行動分析学の基本です。何が特別なの?と思われるかもしれませんね。ごく一般的な内容で、普通の子育てでもみんなやっているはずです。ですが意外と、ここがうまくいっていないので、問題行動が減らないのだとも言えます。

応用行動分析学(ABA)で重要なステップは、

①まず子供が問題行動を起こす原因を理解し、
②それをやめさせるための適切な手法を
③問題行動をやめられるまで、一貫して行う

の3つです。例えばよく応用行動分析学の例で出されるのが

Aくんは買い物に行くとお菓子を買って欲しくて、売り場で引っくり返って大泣きします。「今日は買わないよ」と言うと、もっとひどく泣くので、結局根負けして買ってあげてしまいます。どんどん泣き方がひどくなるので、お母さんはとても困っています。

の場合、Aくんが泣きわめくのは、①「以前に泣いたらお菓子を買ってもらえたから」です。泣けば買ってもらえるので、買ってもらえるまで泣くのをやめられません。そこで一番重要な②は、「どれだけ泣いても、買ってあげない」ことです。そして③、それを「断固として貫きます」。一時期泣きがひどくなるでしょうが、買い物をあきらめてでも、無理やり抱えてお店から出てしまえば、徐々にあきらめていくでしょう。

より上級編になると②「泣かずにレジまで我慢できたら、好きなお菓子を一つ買ってあげるよ」と事前に約束し、泣かなければ買ってもらえるという新しい図式を、Aくんの中に入れます。それを③続けることで、我慢することを覚えていきます。

いかがでしょうか。おわかりいただけたでしょうか。

望ましい行動(泣かずに我慢できた)の時は、思いっきり褒めてあげましょう。望ましくない行動(泣きわめく)の時は、毅然とした態度で接します。ダメなものはダメだと、線引きをはっきりさせてあげるほうが、子供も混乱せずにいられます。

とくに発達障害のある子供たちは、人の顔色を窺ったり、周囲の状況から何となく察することが非常に苦手です。また口頭での指示が入りにくいのも、発達障害の子供たちの特徴。悪いことをして叱られても、ぽかんとしてしまっていることも多く、わかりやすい手法で一貫した育て方をしないと、いつまでも問題行動が続いてしまいがちです。

我が家でも、次男ミッキーはADHDの多動・衝動性が非常に強く、もう立って歩きだす前から家中のありとあらゆる物を壊しまくって、今に至ります。2歳~2歳半頃がもっともひどく、手あたり次第だったので、連日一日中叱っているような感じでしたが、まったく止まらない。「なんなんだ??」と思っていましたが、ある日またお皿を割って(その日は他にもいろいろ壊している)私がキレてしまい、「ごめんなさいは?」と言いつのると、必死の形相で指を2本出したんです。

その時、はっとしました。

「(ごめん)なさい」
しか聞き取れていない。叱っている言葉が、この子にはまったくわかっていない。
でもママが怒っている、どうしたらいいんだろう。
そうして必死に考えて、
「(ごめん)なさい」→「なんさい?」
年齢を聞かれていると思って
「2」
と答えているんです。

ミッキーとの距離を、実感した瞬間でした。叱っても、ダメなんだ。追い詰めるだけで、この子にはわからないんだ。そう痛感しました。それから調べて、調べて、調べて、いけそうと感じた方法をいろいろ取り入れて、試行錯誤を続けています。



この辺りの本、読みやすくわかりやすいので、おすすめです。

我が家では、応用行動分析学から、いたずらの激しいミッキーへ「物を壊したら(人に暴力をふるったら)イスに座って反省タイム」を導入しました。

IMG_0724

いたずらやいじわるを衝動的にやってしまった時は、問答無用で反省コーナーのイスに座らせて、タイマーが鳴るまで遊べないルールです。叱られるよりも、この遊べない方式の方が、ミッキーには効果が絶大でした。おもちゃの取り合いなど、兄弟間のトラブルは、これでかなり減りました。
自閉症スペクトラムの人は、構造化といって「場所」と「意味」をセットで入れていくのが効果的なので、「反省のイスに座る」=「悪いことをした」と、自分でもわかりやすかったのだと思います。

応用行動分析学は、叱らずに問題行動を減らしていくやり方なので、ミッキーと私にはとても合っていました。家庭での生活に取り入れることで、毎日の暮らしがとても楽になった気がします。

ぜひ、参考にしてみてくださいね (^▽^)/
→「応用行動分析学 続編」もどうぞ

profile

筆者:nontan
男の子3人を育てています。
長男ゲンキ(2009年生)
こだわりの強いグレーゾーンBOY
+アトピー&卵アレルギー

次男ミッキー(2012年生)
ASD+ADHDのハイブリッドBOY
+ぜんそく&卵エビカニアレルギー

三男ユウキ(2015年生)
今のところ普通に見えるけれど…アレルギーなし

出産前は書店勤務&JPIC読書アドバイザーとして活動していました。子育てが一段落したら、読み聞かせ活動を再開したいです!
はじめての方は、こちらの記事をまずお読みください。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
↑参加しています。よければ応援お願いします。