多動

発達障害の子供におむつなし育児は有効か

IMG_0204

自閉症スペクトラムやADHDなど、発達障害のある子供に「おむつなし育児」は有効かどうか、を考えてみたいと思います。我が家には3人の男の子がいますが、長男と次男がグレーゾーン。次男のほうがより特性が強く、言葉の遅れだけでなく、多動や感覚過敏もあります。でも3人ともおむつなし育児で育てました。
→(「おむつなし育児ってなに?」)(「おむつなし育児のやり方」)

3人のおむつが取れた時期は、長男ゲンキ→2歳過ぎ。次男ミッキー→3歳過ぎ。三男ユウキ→2歳0ヵ月現在日中はトレパン状態。この夏には取ろうと思っています。

ゲンキは1歳半からパンツ、ミッキーも2歳半からパンツで時間排泄でした。おむつが取れたというのは、自分で「おしっこ」を教えてくれるようになった時期のことです。ユウキも、「うんち」は1歳8ヵ月頃から教えてくれます。

ゲンキユウキは、おむつなし育児の成果か、明らかに周囲よりも排泄自立が早いです。
ミッキーは他の子供のおむつ外し時期と同じかやや早いくらいでしたが、1年以上言葉の遅れがある自閉っ子にしたら、ものすごくスムーズに取れたほうだと思います。もし紙おむつで育てていたら、おそらく今も取れていないでしょう。

発達障害の子供にも、おむつなし育児は有効だと私は思います。
といっても障害が重い子供は、もしかしたらそれどころではない、もっと生活の基本的なことをするだけで精一杯で、布おむつやおむつなし育児なんてやる余裕が、親にないかもしれませんが。それでも療育手帳を取得し、おそらく小学校も普通級は難しいであろう次男ミッキー(手帳の等級は軽度です)でも、おむつなし育児はできました。→(「療育手帳の取得に向けて」)

発達障害の子供に共通する特徴に、一度身についた習慣を変えることが難しいということがあります。一度紙おむつの中に排泄する習慣を身につけてしまうと、なかなか変えられないのは健常児でも同じですが、発達障害を持つ子供は、よりそれが強く出てしまいます。

さらに、自閉症スペクトラムの人は身体の感覚が人とは違うことが多く、排泄感覚がわかりにくかったり、下半身の感覚が鈍く上手に排泄できなかったり、「おしっこがしたい」と感じてもそれを言葉にすることが難しかったり、狭くて暗いトイレを異常に怖がったり、失敗して叱られた記憶が消えずにフラッシュバックを起こしてしまったり、トイレトレーニングがうまく進まないことが非常に多いです。

「赤ちゃんにおむつはいらない」三砂ちづる著)によると、赤ちゃんはもともと本能的に、排泄物をおむつの外にしたいという欲求があるそうで、その本能を大切にしながら育てることが「おむつなし育児」の本質です。発達障害があっても、食欲や睡眠欲と同じように、排泄をするという本能は、誰でも持っているはずです。持って生まれたその本能を、薄れさせずに育てることで、トイレトレーニングがしにくい発達障害の子供もスムーズにおむつが取れるのではないかと思います。

赤ちゃんにおむつはいらない
三砂 ちづる
勁草書房
2009-08-29


おむつの外にすることが気持ちいい、おまるやトイレにすることが当たり前、という感覚で赤ちゃんの頃から育てていれば、年頃になったからといきなり「今日からトイレでするように」と言われても、戸惑わずにいられます。

発達障害があるかどうか、はっきりしてくるのは2歳とか3歳、もっと大きくなるまでわからなかったというケースも多いので、この子は障害があるからおむつなし育児で育てようと、初めから考えている親は少ないとは思いますが、すべての子供に優しい子育て法として、ぜひ「おむつなし育児」を知ってほしいなと思います。

ただ、発達障害があると赤ちゃんの頃から特徴的な育てにくさとして、「抱かれると嫌がる」「不安定な姿勢を嫌がる」などの症状がある場合があり、次男ミッキーも縦抱きが嫌いだったのですが、身体を支えておまるにおしっこをさせるのが難しい時期がありました。→(「ミッキー~4か月 身ぶるい発作&反り返りで受診」)

指示が理解できにくかったり、トイレなど場の認識がつきにくかったり、発達障害が原因の「おむつなし育児」のやりにくさも出てきます。次回以降、そういった問題点を考えていきたいと思います。
→(「発達障害の子供でも、おむつなし育児はできる?」)

ハチャメチャな多動っ子=自我を刺激する存在

IMG_0415

我が家の次男ミッキーは、多動でハチャメチャ。2歳、3歳の頃を思えば、4歳になった今は信じられないくらい落ち着いてきましたが、それでもまだ年相応とはとても言えません。最近ようやく、してもいいこと、してはいけないことの区別がついてきた感じで、以前の手あたり次第に破壊していく恐ろしい行動は止まってきましたが、疲れていたり喘息が出た日はやっぱりハチャメチャです。



ですがこのハチャメチャで、周囲の人間を疲弊させる多動っ子。この間読んでいた本に、「他の大人しい子の自我を刺激する、頼もしい存在」と書かれてあり、「そんな肯定的な見方!?」と仰天したのですが、少し肯ける場面もあるんですね~

例えば、モールによくある隅っこの子供が遊べるコーナー。

マットに少しだけおもちゃがバラまかれているコーナー、その隣のベンチでママたちはお喋りに花を咲かせ、子供たちは「この中だけで遊ぶように」と厳命され、すぐに飽きてしまいダラダラしている姿をよく見かけるのですが、そこへミッキーが投入されると、面白いことになります。
「うひゃー」と突っ込んでいき、しばらく走り回っているミッキーを始めはみんなこわごわ見ているのですが、

IMG_0416

いきなり、椅子の下をくぐりだすミッキーに「え~、そんなんあり~??」みたいな表情を浮かべ

IMG_0417

もちろんすぐにミッキーの真似をするユウキが、ゲラゲラ笑いながら後に続いていくと、みんなもソワソワ。ミッキーが椅子をつなげてトンネルを作り、ゲラゲラ笑いながらくぐりだすと、我慢できなくなって、一人が真似し、もう一人も真似し、気が付くとそこにいた子供みんながトンネルくぐりをゲラゲラ笑いながらやり始めます。

「いけません!」とお母さんに叱られてやめる子もいるのですが、すごく残念そう。チラチラずっとやりたそうに見ているので、かわいそうです。私は・・・一緒にトンネルを作っていた人なので (*_*)
「やらせてあげればいいのに~別にくぐっちゃダメって書いてないし」と思いはしますが、まあ教育方針は人それぞれなので。

意外と、こういうことよくあるんですよ。

普通の子は、「なんとなくやっちゃダメそう」ってストップがかかる場面で、ミッキーは「なんとなく」がわからない人なので、良くも悪くもリミッターなしで遊んでしまいます。それがツボにはまることもあり、最近の大人しい子供たちの自我を刺激しまくる・・・ことになるんですね。

子供用コーナーの椅子だけで、延々遊べちゃうって。でもこれ、子供の創造性、自発性という面で見たら、実はすごい才能だと思うんですよ。なんか、私が子供の頃に比べても、最近の子供は元気がないというか、覇気がないというか、妙に老成していて、周りの目を気にしすぎて小さく収まってしまっているので、ミッキーみたいにハチャメチャな人が、時々、かき回してあげるのもありなのかもしれませんね。小さい頃にいくらいい子でも、大きくなってから反動で問題が出てしまっては本も子もありません。

いいんだよ。ハチャメチャでも。
それが、あなたなんだから。

私は、子育てのゴールは20年後、30年後だと思っています。
その時に社会適合して、幸せに暮らせるために。今の試行錯誤があります。

普通の元気な子と、多動っ子のちがいは?


小さな男の子はみんな、落ち着きがなくいつも動き回っているものです。とくに3歳くらいまでは、それが普通ではないでしょうか?気になるものがあると突進していき、ダメと言われてもなかなか聞けない。みんなと一緒に行動できない、お遊戯に入れない、じっと座って待てない、などなど、小さい子供を持つ親なら誰でも一度は困った経験があるのではないでしょうか?それ=多動とは言えないし、幼いころに多動が目立っても、大きくなるにつれてだんだん治まっていくものです。

ミッキーも赤ちゃんの頃から多動が激しく、とにかく5分とじっとしていられない人でした。買い物に行くと手当たり次第に棚の物を投げるので、ベビーカーかカートにしばりつけていないと何もできません。ユウキが新生児の頃は、ゲンキユウキのベビーカーを預けて、私がミッキーをカートに乗せて短時間でいるものだけかっさらってくるという買い物方法で何とかしていましたが、ゲンキもあまり頼りにならない・・・(お菓子を選び出すと夢中になってユウキ置き去りとか)ので、本当に大変でした。

img009

そんなミッキーも療育に行き始めると目に見えて落ち着きが出てきて、3歳半頃には買い物に連れて行っても手をつないで一緒に回れるようになりました。感動です( ;∀;) それでもまだ日によっては、(疲れている日や喘息が出ている日)癇癪を起して大泣きすることもよくあります。

ユウキも1歳半頃から動きが激しくなってきて、ミッキーを見て育っているのだから、もちろん大人しく聞き分けのいい子になるはずもなく、たいがいの腕白小僧なわけです。今はミッキーよりもユウキのほうが手がかかる場面も多いのですが、それでもやっぱりミッキーの時よりもずいぶんと楽に感じます。そこで、

普通の元気な子と、多動と言われる子のちがいをまとめてみたいと思います。

①止まれるかどうか
お皿を投げようとしていても「ダメ」と大きな声で制止されると、いちおう止まる→躊躇がある。周りの反応をうかがう。(普通っ子)
「ダメ」と叫ばれようが止まらない。目にもとまらぬ速さで物を壊す→躊躇はまったくない。(多動っ子)

②やめられるかどうか

何度か叱られる、ダメだと言い聞かせると、問題行動が治まっていく。(普通っ子)
何度叱られても、自分では自制することができない。(多動っ子)

③大人の想像力をこえる

子供のやりそうな悪いことの範囲内でなんとかなる。(普通っ子)
まったく想像のつかない恐ろしいことを、次から次へとやり続ける。(多動っ子)

④本能的なストップ

めちゃくちゃなようでも、本能的にストップがかかる。(普通っ子)
本能的なストップがかからないので、大事になる。(多動っ子)

img011
img010

なんとなく、伝わったでしょうか。③は、親のスキルの問題もあるかな~(我が家もミッキー対策でガチガチに安全管理が行われていたので、ユウキの時に楽だった感はあります)
④は、例えばミッキーは3歳くらいまで食欲のコントロールができず、好きなものは吐くまで食べてしまうことがよくありました。普通は、いくら好きでもお腹いっぱいになったらやめますね。自閉症やADHDは、脳の機能がうまく働かないことで起こる障害なので、本能的なストップがききません。食べ過ぎくらいならいいですが、道路への飛び出しなどは命に関わるので、周囲がしっかりと気を付ける必要があります。

ミッキーを見ていると、遊びの天才というか悪さの天才というか、とにかくおもちゃでも何でも意図されている使い方はしません。あえてちがう使い方、ちがう遊び方に無理やり持っていく感じがあります。そしてその、当たり前じゃない感がものすごく楽しいらしいのです。
それは彼のすばらしい個性だし、ゆたかな創造性なのだと思います。悪さ以外の方向へ持って行ければ、才能爆発するんじゃないかと期待しますが、今のところは人を困らせる以上の楽しみがないようで困っています。

ADHDの多動も思春期頃には治まっていくようです。小さな子供の多動で困り果てている方もあと少しの辛抱です!(私も!)いつか落ち着いて過ごせるように、きっとなります!その日と子供の可能性を信じて、とにかく怪我だけないように環境を整えてあげてくださいね。

profile

筆者:nontan
男の子3人を育てています。
長男ゲンキ(2009年生)
こだわりの強いグレーゾーンBOY
+アトピー&卵アレルギー

次男ミッキー(2012年生)
ASD+ADHDのハイブリッドBOY
+ぜんそく&卵エビカニアレルギー

三男ユウキ(2015年生)
今のところ普通に見えるけれど…アレルギーなし

出産前は書店勤務&JPIC読書アドバイザーとして活動していました。子育てが一段落したら、読み聞かせ活動を再開したいです!
はじめての方は、こちらの記事をまずお読みください。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
↑参加しています。よければ応援お願いします。