ワセリン

アトピーっ子にどうやってセルフケアを教えるか・・・

 
我が家の長男ゲンキは、アレルギー体質でアトピー持ちです。小さい頃に比べると、年々肌は丈夫になってきて、卵も食べられるようになりました。それでも、乾燥シーズン(10~3月)は、目のまわりや耳元、口のまわりやが赤くなってきます。手の甲やひじやひざの内側も、乾燥して湿疹が出やすい部分です。

かかずにすぐ薬を塗るように指示していますが、なかなか守れません。
ADD(注意欠陥障害)気味の人なので、薬を塗ることを思い出せないんですね。つい無意識にかいてしまい、ボロボロになってしまいます。かきあとができてしまうと、すこしきつい薬を塗らないと治りません。毎日朝晩、それ以外にもかいているところを発見しだい、私が保湿剤を塗りたくっていますが、そうやって治して治してようやくきれいな肌色にもどってきたと思ったら、夜のうちにかいてしまい、一晩でまた真っ赤にもどったりします・・・( ;∀;)

img097

学校にもワセリンを入れた小さな容器を持たせていますが、しょっちゅう失くします。名前も書いていて、お道具箱に入れて使うように指示していますが、なぜか失くします・・・時々出てきて、ワセリン容器でいっぱいになっていたりもします・・・

アトピーは、セルフケアができなければ完治は難しいのではないでしょうか。とくに学齢期になると、親から離れて活動することも多いので、どれだけ自己管理できるかにかかっています。

お風呂上がりの保湿は、小学校入学を機に自分でやらせるようにしているのですが、穴がありまくりで、なかなか隅々までしっとりと・・・はできません。湿疹が目立つようになってきたら、1週間ほど私が集中的に保湿するとよくなります。あとは爪が伸びていると、かいた時に傷が深くなるのでこまめに切ります。爪は毎週日曜日に切ることにしており、日にちを決めてからは自分できちんと切れるようになりました。(3人いると、せーので切らないと誰がいつ切ったか全然わからなくなる)耳掃除は、月初めの日曜日にせーのでしています。この日は、修羅場です ( ;∀;)

私が出産で1週間入院していると、ゲンキの肌はボロボロ・・・
旦那さんも気がつかない人なので、保湿を忘れたり、どの薬をどこに塗ればいいのかわからなかったり(ちゃんと容器に書いていったんですけどね)、爪も伸び放題だったり・・・毎日のケアの大切さを痛感します。

とにかく、まめにローションで保湿。かゆい所には、ワセリンやメンタムを場所によって塗り分け、傷ができたらステロイド剤を早めに塗って、かきむしる前に治します。この絶妙なさじ加減・・・はやく自分でできるようになってほしい \(^_^)/

赤ちゃんをアトピーにさせないために ~保湿の重要性!

IMG_0241

子供の肌が弱く、アトピーかもしれない・・・と悩んでいるお母さんへ。

赤ちゃんはとにかく、肌が弱いものです。乳児湿疹といって、1歳頃まではアトピーでなくても湿疹が出まくります。顔が真っ赤になり、かゆそうにぐずる赤ちゃんを見ているとかわいそうですね。「アトピーかも」と考えるだけでつらいですが、成長するにつれ肌も強くなっていきます。

アトピーのゲンキを育てながら試行錯誤をくり返し、一番湿疹が出にくかったケア方法は「清潔にしっとりと」すること。赤ちゃんは「1に保湿、2に保湿、3、4がなくても5に保湿」と言われるくらい、とにかく保湿が重要になってきます。

赤ちゃんの表皮は、大人の半分の薄さしかありません。バリア機能がまだできておらず、乾燥や刺激にとても弱くなっています。汗腺は密集し、大人の3倍の汗をかきます。とにかく、すぐ肌トラブルが起きてしまうのは仕方ないんですね。そのデリケートな赤ちゃんの肌を守るために一番効果があるのが、保湿です。

まずは汚れたら、すぐに洗うこと。そしてすぐに、保湿することが大切です。
ゲンキも1歳になるまでは、夜だけでなく朝やお昼寝のあとも、汗をかいたらすぐに沐浴させていました。市販のベビーローションでいいので、身体を洗った後や食後に口周りを拭いた後、おしりをきれいに拭いた後にすぐ塗ります。これでだいぶ違ってきます。











おすすめのベビーローションです。国産のものがやはり、日本人の肌によく合います。安いからとジョンソンを使ってめっちゃ肌荒れして、皮膚科に駆け込んだこともあります。
またミルクローションは汗腺がつまってしまってかぶれるので、夏場は化粧水タイプのクリアローションにしていました。ローションで保湿し足りない場合は、ワセリンがおすすめです。
皮膚科で、ヒルドイドローションという医薬品扱いの乳液を出してもらえることもあります。ゲンキは3歳くらいまで、ヒルドイド以外のミルクローションを使うとかぶれていました。ヒルドイドも、開封して1ヵ月以上経つと肌荒れし始めるので、こまめにもらいに行かないといけなくて本当に大変だった ( ;∀;)

湿疹が出る前に、こまめに保湿することが、一番肌によかったです。湿疹が出て掻きむしってしまうと、ステロイドの強い薬を塗らないと治らないので、できるだけ予防することが大切です。ベビーローションでこまめに保湿&カサカサするところはワセリンを塗る。ミッキーユウキはこれで育てたら、肌トラブルは激減しました。

ぜひ、おためしください!

profile

筆者:nontan
男の子3人を育てています。
長男ゲンキ(2009年生)
こだわりの強いグレーゾーンBOY
+アトピー&卵アレルギー

次男ミッキー(2012年生)
ASD+ADHDのハイブリッドBOY
+ぜんそく&卵エビカニアレルギー

三男ユウキ(2015年生)
今のところ普通に見えるけれど…アレルギーなし

出産前は書店勤務&JPIC読書アドバイザーとして活動していました。子育てが一段落したら、読み聞かせ活動を再開したいです!
はじめての方は、こちらの記事をまずお読みください。

にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村
↑参加しています。よければ応援お願いします。